離婚後の保険の手続の情報

離婚後の手続きする内容

離婚をする時に必要なのは、離婚届だけのように思われがちですが、実は予想以上の届出や手続があります。状況により異なりますが、結婚するときに変更したものは、全て元に戻すことになるのです。共有名義のものの名義変更なども該当するでしょう。いずれも手続漏れがあっては大変困るものばかりです。市区町村役場や公証人役場に提出が必要な物は、離婚届けの提出、公正証書の作成、印鑑登録のやり直し、子を不要するものへの新戸籍への移動、児童手当振込先の変更手続、母子・父子家庭の福祉関連手続き、転校の手続、国民年金および国民健康保険の手続などがあります。特に保険は大切です。

生命保険の手続はどうするのか

離婚後、学資保険を含む生命保険に加入している場合は、受取人や契約者名などを戸籍どおりになるように変更しなければなりません。解約などは、契約者でなければできないので、契約者が自分になっているかどうかの確認もしておきましょう。その他にも、裁判所へ、子の氏変更の許可申請を取ったり、税務署へ財産分与で発生する税金の支払などがあります。厚生年金や国民年金の手続ももれなくおこないましょう。これらの他にも、住民票や運転免許書、パスポートやクレジットカードの住所変更や名義変更届出も必要となります。離婚したら、保険以外にもかなりの手続が発生します。

新着情報

2013-01-29 学資保険比較の内容が追加されました。
2013-01-29 がん保険比較に必要が追加されました。
2013-01-17 保険の手続きについてが追加されました。
2013-01-17 離婚保険とアメリカが追加されました。
2013-01-17 子どもと保険についてが追加されました。